S1030547

三重・名張でのクラス

ワークショップを三重・名張にて開催いたしました。
詳細はYoga . Chura のホームページをご覧ください!!
http://churayoga.exblog.jp/17031002/   

    
次回は、アシュタンガヨガのクラスと陰ヨガのクラスを行います。
陰ヨガのクラスでは、『風邪』『自律神経』のどちらかのテーマと、そのテーマに沿った経絡を刺激するシーケンスを行います。
詳細が決まり次第、ご案内いたします。
   
名張でのワークショップの前に、マクロビスィーツ教室に参加してきました。
カボチャのプリンがとても美味しかったです!!
http://iyc-osaka.com/?page_id=453

      

P1030513

陰ヨガTTC II

呼吸とともに連動して動くヴィンヤサヨガや、アイアンガーヨガなどポーズを保持するヨガを含めて『陽のヨガ』と言われています。
『陰のヨガ』としてはリストラティブヨガや陰ヨガがあります。

完全な陰や陽と言うものはなく、全てのモノが『陰』と『陽』から成り立ってて、割合がどちらが多いのかで程度が分かれてきます。
その割合が時と場合により変化する事があるので、『陰』として存在しているモノが『陽』となる場合も、その逆もあります。

自身の意識を広げて、モノゴトを多角的に捉え、コレはこうだ!!って決めつけてしまうと変化についていけず苦しい生き方になってしまいます。
すべての物事に対して、『正解』を求めすぎる事無く、受け入れる事も意識していきましょう。

     
ケン先生は、『全てのモノが絶えず変化している』っという事は『変化しない』よね!
相反すると言うか矛盾と言うものが存在するのが世界だよ。
矛盾していると言う事を受け入れるのもヨガの練習。
そう話してくれています。

  Read More …. これから先は陰ヨガTTのことを

P1030521

プロップ

ハガーマガーさんによりご提供して頂いたプロップを試しています。
普段はラウンドのボルスター(丸型)を使っていますが、今回サイズが小さいジュニアボルスターとプラナヤマボルスター、そして緩やかにアーチを描くバックアーチ。

小さなボルスターは、スプタバッタコーナーサナ時では腕の下に置いたり、膝下に置いたりととても便利です!!

小柄な方には、ジュニアボルスターを使ってスプタバッタコーナーサナを行うとちょうど良い感じ。

バックアーチは、背骨のラインを保護しながら軽く胸を開いてくれて気持ちよく後屈系を行えます。
頭をサポートする位置を変えれるのも便利で収納ケースもあって重宝しそうです。
リストラティブの際はキープ時間が長いので身体が開きすぎる事が無いようケアしながらの方が良さそうです。

みなさんに合うプロップを試してくださいね!!
http://www.huggermugger.jp/props_gear/index.html

 

IMGP0027

陰ヨガTTC I

アシュタンガヨガから得られるものは沢山あり、これからも続けていきますが、瞑想への準備としても活用できる陰ヨガに興味がわきビクターチャン先生による陰ヨガTTC『理論と実践』編に参加してきました。

想像していた物とは違い、陰ヨガの奥深さ、探求していける楽しさ、『陽のヨガ』と『陰のヨガ(陰ヨガ、リストラティブ)』をバランスよく練習していく事による得られるもの。

身体面以外の効果にフォーカスしてみると、『陽のヨガ』により、俊敏さや、多様的にモノゴトを考えたり、行動力、突破力など仕事をしていく上でも、周りとの関係性でも必要とされる事がプラクティスにより鍛えられます。

『陰のヨガ』により、静かに見続ける、洞察する、静寂さ、人の話を聞くと言った、自分自身を含めて受け入れる事を感じさせてくれます。

時には自身の意見を言い、時には人の意見を受け入れ、行動すべき時に行動でき、立ち止まる時には立ち止まれる。
『陽』と『陰』のどちらかが優れているのではなく、両方をバランスよく持ち合わせていけるのが理想です!!

Read More…